活動記録『プラネタリウムと望遠鏡』を終えて

ジャグリング・ユニット・フラトレス旗揚げ公演『プラネタリウムと望遠鏡』無事、本番を終えることが出来ました。 ジャグリングと演劇どちらも観客に楽しんで欲しいという目的が同じだとしてもプラネタリウムで望遠鏡を覗くような違和感を持ち、相容れず、やっぱり親しくなどなれないもの同士なんだともし失敗したら、そんな風に言い訳をして、普通に何も語らずジャグリングをしよう。きっと心の底で無責任な不安がずっと渦巻いていたんだと思う。とにかく舞台が始まるまで恐くて恐くて仕方がなかった。こんな僕の我儘を、優しく聞いてくれたメンバー、スタッフの方々。本当に感謝の気持ちしかありません。自分で出来ることなどたかが知れてる。フラトレス(=親しい人)があってのこの舞台。今もまだ涙は出ず、ただ満たされた感覚だけが柔らかく心の中に広がっています。一人じゃないって思えるから。本当に、本当にありがとうございました。 日が変わってし[…]

もっと読む